トップ

パリから2時間弱、ロワール渓谷の入り口に位置するシャトー・ド・バールではヴァンセイ伯爵と伯爵夫人(伯爵夫人は英国系米国人、伯爵は1404年以来途絶えなかったシャトー一族の20代目)がお客様をお出迎え致します。
私有公園の中に隠れているロワール城は庭園があり、16世紀の砦で囲まれています。この歴史的なシャトー(お城)は610年以上、一族の間で代々引き継がれています。何とも優雅なシャトーのお部屋では貴重なアンティーク、有名デザイナー生地や肖像画、油絵、装飾が施されたシャンデリア、大型暖炉、ヴェルサイユの寄せ木細工で出来たフローリングを体験して頂けます。洗練と信頼を組み合わせる事で本物のお城に滞在する贅沢さ、そして現代ブティックホテルのような居心地の良さをお届け致します。
どうか私どものウェブサイトやブログをご覧になり、お問い合わせ下さい。お客様のロワール渓谷での「お城滞在」を喜んでお仕立て致します。